ベッド 引越し ダブル家賃

引越しとダブル家賃

引越し ダブル家賃

 

引越しのとき、うっかりすると旧居と新居のどちらにも家賃が必要になる場合があります。
これは実にもったいないのでできれば避けたいところですね。

 

引越しが決まったらまず現住所の契約書に、「退去の際は何ヶ月前に告知すること」と書いてあるかを調べましょう。
もし3ヶ月前の場合は、すぐに不動産会社に連絡して退去の旨をお伝えください。

 

そうでないと新居が決まってから告知したのでは間に合わず、ダブル家賃が発生する可能性が高いからです。

 

ダブル家賃を避けるためには建設中の新築の物件を予約するという方法もあります。
まだ建設中ですから家賃が発生しません。 手付金を支払えば予約することができます。

 

他にも1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件もありますので、そういう物件を狙うという方法もあります。

 

しかし引き渡し日がちょうどいい新築物件や、フリーレント物件など上手く探せないこともありとても不確かです。

 

ここはもう希望の新居物件の管理会社に交渉をして、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉をしてみましょう。

 

オーナーも物件を何ヶ月も空部屋にしておくのは嫌なので、場合によっては交渉に応じてくれることも。
ダメ元ですから聞いてみてください。案外OKになることもありますから。

 

それと駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告も忘れないようにしましょう。