ベッド 引越し

ベッドの引越しを格安にする方法

ベッド引越し

ベッド引越し

ベッド引越し

ベッド引越し

ベッド引越し

 

引越しで困るのが大きな家具家電は、ベッド・冷蔵庫、・洗濯機です。

 

この中でも最も大きいベッドは、大きさも重さもあるので個人で運び出すのはかなり困難です。

 

引越し業者には大きな家具だけ運んでくれるサービスがあります。

 

引越し費用は各引越し業者によって違いますので、一括見積もりで相見積もりをしましょう。

 

ベッド引越し

 

費用やサービスを比べることで、価格が安くなったり満足度が高まりますよ。

 

引越し業者一括見積もりサイトを使えば、1回の入力で複数の引越し業者からの見積もりが簡単に取れます。

 

相場も最安値も一目瞭然です。
是非、ご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引っ越し費用のしくみ

 

ベッド引越し費用仕組み

 

引越し費用は荷物の量に比例するので、一人暮らしでも本やゲームなど荷物の多い人は費用がかかりますし、荷物が少ない方は費用が安いです。
荷物が多ければスタッフの人数も多くなりますし、サイズの大きいトラックを用意しなければなりませんので、結果としてどうしても費用は高めになります。

 

荷物が少なければ単身パックがつかえます。
単身パックはコンテナボックスの中に荷物を収めるもので、コンテナボックスLサイズ〇〇円と費用が安価なのが特徴です。

 

そうなると不用品は引越し前に普通のゴミ収集日を狙って捨てたほうが引越しの費用は抑えられるということがわかりますね。
不用品でも新居に持って行く分の輸送費がかかることになるので、引越し前にできるだけ処分しましょう。

 

不用品の処理費はオプションとして別料金で引越し業者が引き取ってくれます。
しかし引越し日までに売る、あげる、捨てるなど計画的に処分しましょう。

 

しかし仕事が忙しくて予定よりも荷物が処分できなかった場合は、当日までに引越し業者に連絡しておきましょう。
引っ越し当日、トラックに荷物が入りきらないなんていうのは絶対に避けたいですね。

 

 

引っ越しにかかる初期費用

 

ベッド引越し初期費用

 

引越しにはお金がかかりますが大きな金額がかかるものは、引越し代と物件の契約料ではないでしょうか。
マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてわからないと思いますので、ここに記しますね。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などです。

 

敷金は物件を退去する段階で汚れた壁紙やふすまなどを補修する費用です。
貸主に預ける形になっており、部屋を綺麗に使っていて特に問題がなければ返還されるお金です。
契約内容によっては一部または全額を返還しないことになっている場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたものですが、最近は礼金ゼロという物件も見られます。
空き家が増えている昨今、部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。

 

物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃滞納も社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントといって、1か月分の家賃が無料ですからぜひうちの物件にお入りくださいという貸主さんもいます。

 

貸主さんの考え方によって、初期費用は多様化しています。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用ですが法律で決まっていないので、家賃1カ月分の会社、家賃の数パーセントの会社、無料の会社と様々です。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近はいろいろな事情で連帯保証人を用意できない人が増えました。そこで最近は、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に身元保証を依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しなければなりません。
もし隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することができないからです。
もらい火も自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
前の住人がスペアキーを作っていた場合にいくつ作られたのかわかりませんし、防犯上やはり不安です。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

契約時にかかる初期費用は、不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差がありますので契約する前にしっかり確認しましょう。

 

引越しの時期

 

引っ越し時期

 

引越し業者には1年で一番忙しい繁忙期があります。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月にその準備のために引越しをします。
さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に引越しします。

 

1年で一番忙しい繁忙期は3月です。
繁忙期はそうでない通常期に比べて引越し料金が高めに設定されています。
もし引っ越し時期にこだわりがないのであれば、繁忙期は費用が高いので別の月にしましょう。

 

引越し業者はスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、日に寄っては手が回らないこともあります。

 

繁忙期は特に引越し希望日に業者が見つからないなんてこともあり得るわけです。
3月に引越しするのであれば新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

もちろん繁忙期だからどこの業者も同一価格というわけではなくので、安い業者高い業者はあります。
早めに見積もりを比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

 

引越しの工程

 

引越し工程

 

引越しにはすることが多いので、おおまかな手順を一度ぜひご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

一つずつ見て行きましょう。

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決まってからがオススメです。
なぜかというと新居の情報も費用に関係するので、新居が決まる前に見積もりを取っても正確な金額は出せないからです。
エレベーターのない4階とエレベーターのある4階の引越しは、かかる時間も手間も大きく違いますから引越し料金も違うのです。
当日追加料金が発生するようなトラブルは避けたいですね。

 

そして持って行く荷物は出来るだけ減らしましょう。
不用品を新居に運び入れると、余計な費用がかかるからです。
引越しまでに売る・捨てる・あげるなどして、処分しましょう。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出します。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
うっかり忘れると出しに戻ったり、郵送してもらうなど手間がかかるのでお忘れなく。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるように連絡しましょう。
市内引越しなら同じ日から新居で使えるように一緒に手配してください。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割り精算をしてくれます。精算方法は会社によって異なるので確認してくださいね。

 

郵便物が新居に届かないのと不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

引越し日の荷物の配送はほとんど引越し業者にお任せですが、大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
家具の置く場所などはあらかじめ引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。
こちらも引越し後、2週間以内に提出してください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので早めに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

引越しのあいさつのタイミング

 

引越し 挨拶

 

引越しのあいさつは、引越し前か引越し当日に行くのが一般的だそうです。
案外早いので驚きませんか?
遅くても引越し翌日までには行きましょう。

 

なぜかと言いますと、引越しのときにトラックを停めたり、引越し業者の足音が響きますからお詫びを兼ねた挨拶でもあるのです。
だから挨拶に行くのが引越し日でないと誠意が感じにくいのです。

 

そしてもうひとつ、後になるほど挨拶に行くのが面倒になるからです。
挨拶に行く前に廊下や駐車場でばったり会うと、タイミングを失います。

 

さてどこのお宅まで行けばいいのでしょう?

 

一軒家なら向こう3軒両隣、マンションやアパートなら左右・上下の部屋に挨拶に行きましょう。

 

手ぶらで行く方もいますが、初対面ですから熨斗に「御挨拶・氏名」を書いた粗品を渡すと名前も憶えてもらいやすくでオススメです。
高級な粗品である必要はなく、500〜1000円程度のお菓子・お茶・コーヒーなどの食品やタオル・洗剤などの日用品などが人気です。

 

第一印象を良くするためにも挨拶には行ってくださいね。